FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強運の持主

先日、急な用事で東北から友人が上京しので久しぶりに会って話をしました。彼は既に引退して第二の人生を歩んでいます。彼は東北一といわれるホテルに永く調理人として勤務し、常務取締役にまで昇りつめ、定年を待たずに1年早く引退した。国内でも有数の官僚的組織を親会社とするホテルで、そのポジションに昇りつめるのは異例であり初である。彼は調理人としてではなく、ホテル全体の運営管理の職種としてその職責に就いたのである。40歳前後から人に進められ、不動産を購入した経験が2度あり、何れも本人の意思とは別に1年後に売却することとなり、大金を手にしている。そして3度目となる一昨年、人に進められ40坪の敷地に建つ3階建ての小さなビルを購入した。このビルをテナントとして賃貸することよりも自分で飲食店を開くことを選択し、定年を待たずに退職した。購入後1階部分のみを改装して飲食店を開いたが、昨年秋頃からその土地の買収話しが入り、昨年末に売却して「億」を儲けた。3度とも売買目的ではなく不動産を購入し、外部の要因により手放し大金を手にしている。私のホテルマンの友人としては指折りの強運の持主である。彼がサラリーマンとして成功を収めた経緯から、学歴・家系・能力等が特殊ではないかと思うかもしれませんが、至って平凡で彼は人の話を良く聞き、人を信じるタイプです。私が歳上の大先輩を評価することは失礼かもしれませんが、彼は〝人を見る目〟を持っています。これは感覚的なものではなく、彼が調理人と言う職種でありながら、ホテル経営や異業種について率先して勉強(自己投資)してきたことで身に付いたように思える。その結果、ホテルマンや調理人の一般的感覚とは異なる知識・発想力・判断力・応用力を備え、知人形成においても信用できる友人に囲まれたと、私は感じる。「運も実力のうち」と言うが、まさにその通りである。ホテル運営において彼のような自己投資の出来る人物でスタッフ形成できれば、ホテルの収益構造も大きく変化するはすである。
ブログランキング参加中!

↓↓クリックお願いします。 Please click it. Thank you
にほんブログ村 経営ブログへ ビジネスブログ100選

大国の〝光〟と〝影〟PageTopご存知ですか? BVI ( British Virgin Islands ) 法人

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://leedsinternational.blog45.fc2.com/tb.php/10-fcb92574

Welcom / Translations
About LHR

画像のクリックで公式サイトへ

 プリンシパルのプロフィール

Author: プリンシパル
企画・開発・運営~改革・蘇生・M&Aまで
トータルプロデュース
★ ★ ★ ★ ★

【 当ブログはリンクフリーです 】

Recent Entrys
Categorys
Archives
Links


登録ツール

Market Conditions

Contact - Mail form

お問い合せは、こちらからお願いします

名前(Name):
メール(Mail address):
件名(Subject):
本文(Contents):

QR Code

QRコード

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。