fc2ブログ

大国の〝光〟と〝影〟

「豆腐(おから)工事」とか「ニーハオ・トイレ」などと、その仮称はとてもユニークで興味が尽きない中国ですが、四川大地震から既に1週間が経ちました。被害が明らかになるに連れ、その状況は驚くばかりです。今回の震源である断層の距離は日本に置き換えると、なんと東京から神戸にまで達すると言う。もし日本で起きていたらと思うと・・・、恐ろしいばかりです。高層ビル建築の足場が「竹」で組まれているのを見ると、その建築基準・耐震政策に対する中国政府の認識は如何なものかと。しかし今回の地震において耐震強度の度合いは、さして問題ではなかろう。国民による寄付は既に53億円に達したようで、さすが大国!全てにおいてスケールが大きい。不幸中の幸いとしては、沿岸部ではなく内陸部の比較的所得の低い貧困地域であった事だ。近代化が遅れている為に被害が大きかったと考えるか、人口密集率が低いことを幸いと考えるのか、阪神・淡路大震災を振り返れば後者を重視するのは当然であろう。上海・北京などの沿岸部や日本であれば、その被害は数倍になっていたかもしれない。インフラ整備が遅れていたことで火災の発生率も極端に低い。旧正月前には大雪で経済に打撃を受け、今回の地震で更なるダメージを受けるであろう。貧困格差の拡大とともに政府への批判が強まる中国だが、夏にはオリンピックを控え〝光〟と〝影〟が集中する1年なのか? これが民主化への転換期となることを願うばかりである。

「中国四川・大地震」被災者募金はこちら、急いで下さい。

ブログランキング参加中!
↓↓クリックお願いします。 Please click it. Thank you
にほんブログ村 経営ブログへ ビジネスブログ100選

ホテル業界素人化の顛末!?PageTop強運の持主

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://leedsinternational.blog45.fc2.com/tb.php/11-053f4060

Welcom / Translations
About LHR

画像のクリックで公式サイトへ

 プリンシパルのプロフィール

Author: プリンシパル
企画・開発・運営~改革・蘇生・M&Aまで
トータルプロデュース
★ ★ ★ ★ ★

【 当ブログはリンクフリーです 】

Recent Entrys
Categorys
Archives
Links


登録ツール

Market Conditions

Contact - Mail form

お問い合せは、こちらからお願いします

名前(Name):
メール(Mail address):
件名(Subject):
本文(Contents):

QR Code

QRコード

RSS