FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外資売りのラッシュ?!

やはり苦しい外資系大手証券企業。 先日のリーマン破綻はスタートの合図か! 三菱UFJがモルスタ(モルガン・スタンレー)の第三者割当増資を引受けることで合意したようです。出資比率は最大で20%、その額およそ6000~9000億円! ビックリしました。 15%の出資比率で筆頭ということなので、事実上の救済買収ということでしょうか? 外資系金融機関を対象とした日本企業のM&Aとしては過去最大のようです。 既にご承知の通り、モルスタは多くのホテル・リゾート物件を所有しております。 筆頭となる三菱UFJは、モルスタ再生に向けてどう動くのでしょうか? ホテル・リゾート物件はどうなるのか? 既に水面下での動きが進んでいるのかもしれません。 また、モルスタと同様に米FRBより銀行持株会社となる承認を受けたGS(ゴールドマン・サックス)の状況はどうなっているのか、三井住友ファイナンシャルはどう動くのでしょうか? 野村ホールディングスはリーマンのアジア部門のみならずヨーロッパ、中東部門までを買収する事で決定し、バークレイズなども手を上げていたようですが、いよいよ日本の外資買(逆襲)の始まりでしょうか? 野村證券にしてみれば、リーマンの顧客とネットワークはポートフォリオとして魅力十分と言う事でしょうか? しかし、このクラスを買収できる日本企業はそう多くないと思われます。 こうなると専門分野ごとに元気な外資への売却とならざるを得ないのでしょうか。 ブラックストーン、ラサール、ソロス等、またシティバンクやローンスターをはじめとする外資系金融企業の水面下での動きが気になりますが、私のような凡人で、さらには異業種となれば、水面下の情報入手手段も人脈もなく、予想はつきません。 既にご承知の通りこの米トップ2(GS、モルスタ)が日本の有名ホテル・リゾート物件を多く所有していることは事実です。 そしてこの2社が生き残りをかけたM&Aに突入した以上、再編・再生に向けた動きが加速するとう言うことです。 つまり、ホテル・リゾート分野は間違いなく第Ⅲステージに突入した、すると言えるでしょう。 今や金融・証券業界の動向がホテル・リゾート業界の将来を左右するようになりましたが、その事業収益改善の秘訣は見出せたのでしょうか?

ブログランキング参加中!
↓↓クリックお願いします。 Please click it. Thank you
にほんブログ村 経営ブログへ ビジネスブログ100選

ご存知ですか? 先買権!PageTopリーマン・ショックと日本のそれぞれ

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://leedsinternational.blog45.fc2.com/tb.php/32-4454f6e8

Welcom / Translations
About LHR

画像のクリックで公式サイトへ

 プリンシパルのプロフィール

Author: プリンシパル
企画・開発・運営~改革・蘇生・M&Aまで
トータルプロデュース
★ ★ ★ ★ ★

【 当ブログはリンクフリーです 】

Recent Entrys
Categorys
Archives
Links


登録ツール

Market Conditions

Contact - Mail form

お問い合せは、こちらからお願いします

名前(Name):
メール(Mail address):
件名(Subject):
本文(Contents):

QR Code

QRコード

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。